つまった時の対処方法


スッポン万が一トイレが詰まってしまったという場合は、対処しなければなりません。そのまま放置していると水が溢れ出してしまいます。家庭でできる対策としては、通称 スッポンを使いましょう。正式名称はラバーカップやプランジャーと呼ばれるものです。それによって、つまりを解消することが可能です。ただ、長年異物を流しているという方は、トイレだけではなく、排水管もつまっている可能性が高いです。その場合は、素人が対処できるものではないので、業者に依頼することをおすすめします。

最初から異物を流していなければ良いのですが、人によってはずっと流しているという方もいるでしょう。そういう場合は、つまってからの対処がとても大変になります。予防で毎日正しい使い方をしていれば、トイレがつまるということはほとんどありません。もちろん、排泄物の量やトイレットペーパーの量によってはつまってしまうこともあります。しかし、対処方法を知っておけば怖いことはありません。予防で対応するのが一番ですが、どうしてもつまってしまった場合は、トラブルシューターに依頼して対処してもらうようにしてください。トイレは毎日使うものなので、トイレのつまりが発生すると厄介です。万が一のことも考えて行動するようにしましょう。

流しちゃダメなもの


流してはいけないものトイレに流してはいけないものも沢山あります。一言でまとめるならば、異物です。トイレにとって異物というのは、通常の利用では流さないようなもののことを言います。例えば、代表的な異物としてはティッシュなどの紙類です。紙類は水に溶けると思っている方が多く、そのまま流してしまうという方も多いです。しかし、トイレットペーパー以外は基本的に溶けません。それらは異物になるので、排水管をつまらせることはもちろん、トイレもつまらせてしまいます。トイレットペーパー以外の紙類は絶対に流さないようにしてください。ウェットティッシュはもちろん、ペーパークリーナーや赤ちゃんのおしりふき、オムツなどもダメです

その他の異物として良くあるのが、食べ残しや嘔吐物、吐瀉物です。これらの食べ物というのは、やはりトイレにとっては異物でしかありません。内容によっては水で流れにくいものもあり、同じようにトイレのつまりを発生させてしまう原因になることもあります。その他、常識的に考えてトイレに流してはいけないようなものを流してしまう方もいます。日本の排水管は広く作られているのですが、それでも異物が入ってくるとつまってしまうので、気を付けて利用してください。

つまった時の対処方法

流して良いもの


トイレを利用する場合は、まずは流して良いものについて理解しておくことが必要となります。トイレのつまりの原因は、その多くが正しい使い方をしていないことが多いです。しっかり流して良いものとそうでないものを見極めることで、トイレへの負担を軽減していくことができるのです。まず、トイレに流して良いものとしては、人の排泄物が挙げられます。これはトイレなので当然のことなのですが、意外と勘違いしがちなのがペットの排泄物も流してしまっているという方です。ペットを飼う人が多くなったことによって、その動物たちの排泄物もトイレに流してしまう方がいます。基本的にトイレは人間が利用するように作られているので、人間の排泄物だけ流すようにしてください。

トイレットペーパーその他、流して良いものとしてはトイレットペーパーとなります。トイレットペーパーは水溶性が高く、簡単に水に溶けてくれるように製造されています。そのため、基本的にトイレをつまらせることなく流すことができるのです。トイレットペーパーの開発によって、水道管や配水管がつまることがなくなり、より安心して使えるようになりました。ただ、未だに同じ紙類としてティッシュなどを流している方もいます。ティッシュに関しましては水溶性が低いため、水に流しても溶けることはありません。そのため、原則としてはトイレットペーパーだけを流すようにしなければならないのです

流しちゃダメなもの

トイレのつまりを予防


トイレは毎日利用するものですが、利用するものによってはトイレのつまりを引き起こしてしまうこともあります。実際にトイレがつまってしまうと、対処するのが大変だったり、面倒だったりするでしょう。だからこそ、トイレのつまりに対しては、しっかり予防しておくことが必要となります。その予防をしっかりしておけば、より快適な生活を送ることができます。トイレは毎日利用するものだからこそ、流して良いものと流してはいけないものをしっかり見極めておくことが必要となります。

トイレここではトイレに流して良いものはもちろん、流しちゃダメなものも紹介していくので、参考にしてみてください。また、予防していたとしても、何かが原因でつまってしまうこともあります。その時の対策などについても解説します。結論から言うと、トイレのつまりは予防できるのですが、万が一の時に備えておくというのが、正しい対処方法となります。それを知った上で、快適な生活を送れるようにしましょう。

ちなみに、トイレというのは利用人数や利用方法によっても劣化や老朽化の程度が異なります。大勢の家族で住んでいる場合は、その分トイレへの負担も大きくなります。逆に一人暮らしの場合は負担も少なくなるでしょう。ただ、流すものによってはつまってしまうこともあるので、正しい知識を身に付けておくことが必要となるのです。その点については、常識的なものもあるのですが、今一度理解を深めていくことが必要となるはずです。

流して良いもの