流しちゃダメなもの


流してはいけないものトイレに流してはいけないものも沢山あります。一言でまとめるならば、異物です。トイレにとって異物というのは、通常の利用では流さないようなもののことを言います。例えば、代表的な異物としてはティッシュなどの紙類です。紙類は水に溶けると思っている方が多く、そのまま流してしまうという方も多いです。しかし、トイレットペーパー以外は基本的に溶けません。それらは異物になるので、排水管をつまらせることはもちろん、トイレもつまらせてしまいます。トイレットペーパー以外の紙類は絶対に流さないようにしてください。ウェットティッシュはもちろん、ペーパークリーナーや赤ちゃんのおしりふき、オムツなどもダメです

その他の異物として良くあるのが、食べ残しや嘔吐物、吐瀉物です。これらの食べ物というのは、やはりトイレにとっては異物でしかありません。内容によっては水で流れにくいものもあり、同じようにトイレのつまりを発生させてしまう原因になることもあります。その他、常識的に考えてトイレに流してはいけないようなものを流してしまう方もいます。日本の排水管は広く作られているのですが、それでも異物が入ってくるとつまってしまうので、気を付けて利用してください。

つまった時の対処方法